読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるの婚活日記

アラサーOL、婚活中。論理的な恋愛分析と、戦略的な婚活を実践中です。

プロポーズ・・・?

交際編

目指せ年内プロポーズ!

f:id:runpel:20161212172031j:plain

 

ということで、完璧なクロージングプランを考えました。笑

 

この ③まで実行したところ、彼から「婚約しようか」と言われました。

 

ん、これってプロポーズ・・・?

 

うーん・・・「結婚しよう」とはっきり言われたわけじゃないので、すっきりしない。けど、とりあえず一歩前進かなと思います。

 

引っ越して一緒に住むのは、彼のマンションの契約更新期限をタイムリミットとして、それまでにまずはお互いの親への挨拶の日程調整をしようと思います。

最近ちょっと押しすぎた気がするので、少し引いて、この話をするのは年が明けてからかな。

 

runpel1122.hatenablog.jp

 

ただ、自分の覚悟を決めるためにも、年内に自分からプロポーズしようと思います!

すごい勇気がいりますが、ブログで宣言しちゃったらやるしかない。。

 

「結婚してください」パカッ

への憧れはあるんですが、 婚約指輪を購入してから改めて彼にやってもらおうかなぁと思ってます。

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【婚活オススメ本】「結婚さえできればいいと思っていたけど」感想後編

婚活オススメ本

水谷さるころさんのコミックエッセイ「結婚さえできればいいと思っていたけど」の感想後編です! 

 

前編はこちらです。

【婚活オススメ本】「結婚さえできればいいと思っていたけど」感想前編 - るんぺるの婚活日記

 

目次

 

バツイチ独身編

人なんてそうそう変わらない

人なんてそうそう変わらないよ

元々そういう人間を選んだだけなんだよ

さるころさんの双子の弟さんの言葉ですが、 確かにその通りだな~と思いました。

 

昔、浮気グセのある人と付き合ったことがあるんですが、「私となら大丈夫。私が彼を浮気しない人間に変えてみせる」と謎に思い込んでました。結果は、浮気されて終了。

この人と付き合ってた時、周りの人からは反対されることが多かったです。やっぱり周囲の客観的な意見も聞いておくべきだなぁと。この人とうっかり結婚しなくてほんとによかった。

 

さるころさんのご友人の「川の水飲んでたね」は衝撃的でした・・・!

DVとかもそうかもしれませんが、自分ではそれが普通と思っちゃうと、本当は受け入れるべきでないことも我慢して受け入れてしまってるかもしれないので、「それは普通じゃないよ!」と言ってくれる人はありがたいですね。

 

人の行動、ましてや価値観を変えることなんてできないから、元からある程度自分と近くて、かつ、違う部分は話し合ってすり合わせていける人を選びたいなと思います。

 

「一緒に人生を組み立てる」パートナー

でも恋愛だけだったら、好みのタイプとだけ付き合ってれば幸せだけど「結婚」というのは「人生を一緒に組み立てる」パートナー。だから、本当に自分が理想とする暮らしを一緒に歩めるパートナーなのか、相手にその力があるのか、ということをちゃんと考える必要があったのです・・・。「スペックも大事」だった・・・!

 

Twitterで、さるころさんご本人からコメントをいただいたんですが、

恋愛なら「好みのタイプ 」の人と付き合えばOKだけど、結婚となるとそれだけじゃダメなんだな。。としみじみ思いました。

 

理想とする暮らしを一緒に思い描いて、その実現に向けて協力してやっていける人かどうかが重要ですね。休日の過ごし方とか、何か目標を立てた場合にどう動くか(例えば、○月までに引っ越すとか)、 結婚前に見定めようと思います。

 

さるころさんも紹介されていた、石井希尚さんの「この人と結婚していいの?」という本はすごくオススメです!このブログでも何度か紹介していますのでこちらの記事をどうぞ。

runpel1122.hatenablog.jp

 

事実婚

事実婚のカタチ

事実婚についてはあんまりよく分かってなかったので勉強になりました!

  • 同居(同一世帯)・・・どちらかが世帯主になって住民票を一緒にする
  • 同居(別世帯)・・・同じ家で住民票は別
  • 別居(通い婚)

住民票で世帯を同じにすると、自治体からは家族として扱われて行政サービスを受けられるので、事実上婚姻しているのと変わらない生活になるんですね。知らなかった。

 

法律婚の特徴は、例えば下記の点があります。

  • 夫婦同姓
  • 子は嫡出子
  • 配偶者の相続権
  • 税金の配偶者控除

確かに、共働きで財布や納税が別なら、夫婦同姓はデメリットの方が多いし、税金の配偶者控除も関係ないので、法律婚のメリットは少ないかもしれませんね。

 

ただ、事実婚の場合に気になるのはこの2点です。

  • 子は非嫡出子
  • 配偶者の相続権がない(遺言によって相続することは可能。その場合相続税の2割加算がある)

この辺りはもう少し調べて、どういう形が一番望ましいか2人で話し合って決めようと思います。

 

家事のテリトリー問題と【成功設定値】

「家事の分担どうする?」は、特に共働きの場合、すごく揉めやすいテーマですね。

 

さるころさんたちの場合、主となる人とサポートする人を決めて分担し、信頼して任せて、相手が主担当の場所(例えばキッチン)は自分のテリトリーじゃないからこだわりや責任をもたない、という形で分担されているようです。

 

あと、さるころさんがおっしゃっていた「勝手な自分の【家事の成功設定値】を相手に押し付けるのはやめよう」というのも大事だと思います。

掃除も料理も、どれくらいのレベルまでできていればOKかは人によって違うので、それを相手に押し付けちゃいけないですね。お互いの求めるレベルに大きな差があれば、話し合ってすり合わせればいいと思います。

 

私の場合、週末に私の家で一緒に過ごしていると、彼が食器洗いやお風呂掃除を率先してやってくれることが多いです。料理は私の方が得意なので私が作ることが多いですが、彼が全部作ってくれる時もあるし、二人で協力して作ることもあります。

その時に気を付けているのが、相手に任せてやり方に口出ししない、ということです。

自分のやり方と違ったり、非効率なやり方だったとしても、基本的には相手に任せて、「お皿洗ってくれてありがと~」といつも感謝の気持ちを伝えています。(さすがにこれはマズイというのがあれば伝えますが)

 

「【普通】の押し付け禁止」と「秘密のガマン禁止」

これもすごく大事ですね!!

 

ちょっと話がそれますがご紹介。

corobuzz.com

 

さるころさんの

これ、どちらも「要望をはっきり伝えるのは気が引ける。でも自分の要望は察してほしい」という願望なんですよね。これはとても揉め事の根源になりやすいものです。

この2つを指して我が家では「察してちゃん」禁止というルールになっています。「言った責任」と「言わなかった責任」を同等に扱うことにしています。

というのは、ほんとに大事だと思います。

 

私も頭ではわかってるんですが、実践するのはなかなか難しいです。

最近は、クリスマスの予定とか、一緒に住む物件探しといった私との約束を後回しにしないでほしいと思ってるんですが、うまく伝えられなくてフラストレーションがたまっています。遠回しに言ってもダメなのにー!

 

一番よくないのは、「察してちゃん」で何も言わずに不機嫌になったり、「なんでわかってくれないの!?」と爆発することなので、そうならないように気を付けつつ、うまく伝える練習をしていこうと思います。

 

 

以上、長くなりましたが感想でした。

婚活中の人にはほんとにオススメなので、ぜひ読んでみてください!

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【婚活オススメ本】「結婚さえできればいいと思っていたけど」感想前編

婚活オススメ本

今回は、最近読んで面白かった本を紹介します!

 

フリーイラストレーターの水谷さるころさんが、26歳〜36歳までの10年間に経験してきた、結婚→離婚→事実婚(その後出産)を描いたコミックエッセイです。

 

これは、婚活中の人にはものすごくおすすめしくじり先生もそうだけど、失敗から学ぶことは多い。婚活中の人は、ぜひ結婚する前に読んで、「結婚が目的になってないか?」「本当にこの人と結婚していいんだろうか?」と一度立ち止まってじっくり考えましょう。

結婚したけどうまくいかない。。という人にも何かヒントがあるかもしれません。

 

というわけで、本書の構成にそって感想を書いていきたいと思います。

 

目次

 

アラサー婚活編

アラサー女性がかかる病

女性がアラサーになると、こんな病に高確率でかかっちゃうんですよね。私もかかってました。笑

症状

「30歳までに結婚しなきゃ」「35歳までに結婚しなきゃ」という焦りと不安

主な原因

出産のリミット、経済的な不安、周囲に既婚者が増える、親からのプレッシャー、孤独

予防策

「結婚」とは何か?本当に自分にとって必要なものか?結婚を通じて何を実現したいのか?そのためにどういう相手を選ぶべきか?をよく考える。

 

このブログでも何度も言ってますが、「結婚さえできれば幸せになれる」というのは大きな間違い。

結婚は目的じゃなくて、幸せになるための手段の一つに過ぎない。

それをよーく肝に銘じておかないと、後で後悔するかもしれません。

 

結婚は対等な2人がすべきもの

「結婚は男が責任を取るもの」って、男女ともにけっこう思い込んでませんか?

最近は男性の方がそう思い込んでることが多い気がするので、そう思ってない女性はその思い込みを積極的に崩しに行った方がいいと思います。

「私も稼ぐから大丈夫!」

 

逆に、専業主婦希望の女性は、このプレッシャーがどれほど重いか、一度男性の立場になって考えてみた方がいいと思います。

「今の自分の稼ぎで、専業主婦の子供と妻を一生養っていけるか・・・?」

 

私はさるころさんと同じで、「結婚は対等な2人がすべきもの」と思ってるので、その考えに共感してくれて、精神的にも経済的にも自立した人と結婚したいです。

 

あくまでも彼の意思を尊重する

さるころさんの失敗ポイントの一つが、「彼に結婚のプレッシャーをかけて、自分主導で結婚まで至ったこと」かなと思います。

 

あさぎさんがブログで書かれていますが、

ameblo.jp

 

一切の圧力感や強制感を封印し、
あくまでも彼自身が自分で考え、
結論付けた答えが

「どうしてもあなたと結婚したい」

になり、あなたこそが

「その要求を満たす存在」

になる必要がある。
 
ここをちゃんと押さえたかどうかが
「プロポーズしたあと」
ひいては
「今後の結婚生活全般」
にまで多大な影響を及ぼすのだ。

 

私もこの考えに賛成です。

彼が、結婚「させられた」と受け身に思っていたら、その後の結婚生活を二人で組み立てていこうという意思が弱くなってしまいます。

結婚のプレッシャーをかけること自体は悪くないですが(というか、そうしないとおそらく多くの男性は動かない)、あくまでも彼の意思を尊重する、彼自身が決断する、ようにすべきだと思います。

 

初婚編

妻は、旦那さんと子どもを支える脇役?

これからは旦那さんそしてこれからできるお子さんの脇役として家族を支えていって下さい

結婚式のスピーチでこんなセリフが出てきたそうなんですが、こんなこと言う人ってまだいるんですかね?驚き。

他にも、さるころさんが結婚後に感じた違和感として、こんな世間の結婚に対するイメージが挙げられています。

  • 共働きでも家事は妻
  • 「結婚=男の経済力があるはず」なので、妻は仕事をしなくてもいい
  • 妻が働くのは女のワガママ
  • 妻の行動は夫の許可制

ひえー、まだまだこんな風に考えてる人って多いんですかね?おそろしい。

 

旧姓の使用と配偶者扶養控除は共働きスタイルに合わない?

法律上の結婚=夫と妻で新しく戸籍を作ると、筆頭者と同じ姓にしなければならないと定められています。筆頭者に夫と妻どちらも選べますが、選んだ方の姓に変えなければいけません。そうすると、銀行の口座やクレジットカードなどたくさんの名義変更が必要になってきます。。

 

配偶者扶養控除は、簡単に言うと、

  • 配偶者の給与所得が年間103万円以内だと、扶養している人が所得控除を受けられる(=所得税が減るかも)
  • 配偶者の給与所得が年間130万円以内だと、配偶者は社会保険料(=健康保険、厚生年金など)を払わなくていい

という仕組みです。

なので、パートで働いている人が、年間の所得が103万円もしくは130万円以内に収まるように労働時間を減らして調整する、ということがよくあります。

この「もっと働けるのにわざと働かない」状態を減らすために、配偶者扶養控除の廃止が検討されているんですね。

 

どちらの制度も、夫もしくは妻が配偶者を扶養する形を前提に作られているので、現在の共働きスタイルには合わなくなっていると思います。

旧姓の使用はほんとに認めてほしい!

 

 

長くなったので、「バツイチ独身編」「事実婚編」の感想は後編に続きます。 

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【婚活の記録】11月の婚活を振り返って

婚活の記録

すっかりご無沙汰してしまいましたが、元気です!彼とも仲良くやっています^^

11月の婚活の振り返りです。

 

1~10月の振り返りはこちらからどうぞ。

【婚活の記録】1月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】2月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】3月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】4月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】5月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】6月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】7月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】8月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】9月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】10月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

 

目次

 

彼が結婚を考える7つのスイッチ

彼が結婚を考える7つのスイッチのうち、いくつ押せているのか!?については、下記の通り、先月から同じです。

  1. 周りが皆結婚している →○
  2. 彼が自分の市場価値が落ちたと思っている →○
  3. 彼の夢が叶った、もしくはあきらめた →×
  4. ある程度の収入があり、仕事が安定している →×
  5. 彼にとって、あなたの市場価値が高い →○
  6. あなたと結婚したら幸福な家庭を築けそうだと感じている →○
  7. あなたに本気で恋をしている →○

 

ずっとネックになっているのは3と4。

最近の彼は、「ずっと一緒にいたいね」→「(そのためには)お金稼がなきゃ」というループにはまってしまっているので、それをどう抜け出させるか?(=どうすれば、今の稼ぎでも結婚できると思ってもらえるか?)を考えています。

  

Next Action

  1. 結婚にかかる費用を二人でシミュレーションする
  2. 12月のイベントを利用してもうひと押し

まず1つめは、結婚に必要なinitial cost(初期費用)とrunning cost(維持管理費用)をシミュレーションして、彼に今の貯金と収入でも大丈夫と思ってもらうことです。

  • initial cost:婚約指輪、結婚指輪、親へのあいさつ、両家顔合わせ、引っ越し
  • running cost:月々の家賃、生活費

 

指輪は後からでもいいので、まず必要なのは、親へのあいさつ、両家顔合わせ、引っ越しです。

引っ越し費用に関しては、家具家電はそのまま使えるので、必要なのは敷金、礼金、仲介手数料、家賃1カ月分、引っ越し業者代などです。

 

running costについては、家賃や生活費、と家事の分担を二人で話し合いたいと思います。

 

2つめについて、12月は利用できるイベントが目白押しです!

これらを使って、年内のクロージングを目指します!笑

 

今年の初めに立てた目標「理想の相手を見つけて2016年中に結婚する」は果たして達成できるのか?乞うご期待!笑

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

彼の好きなところ3つ

日々思うこと マリオさん

今付き合っている彼(マリオさん)について、前にこの記事で書きました。

runpel1122.hatenablog.jp

 

その後、付き合い始めてから約3ヶ月たちましたが、私の彼に対する気持ちはますます大きくなっています。といっても燃えるようなというわけじゃなく、もっとしみじみと

「この人に会えてよかったな」

「一緒にいられて幸せだな」

「これからもずっと一緒に過ごしていきたいな」

という穏やかな気持ちです。

 

やっぱり、何があってもこの人が私を大切にしてくれる、という安心感は大事だなぁと。

 

男性のみなさん、女性を不安にさせるのは一番やっちゃいけないことですよ!愛情表現を怠ったり、浮気を繰り返したりして女性を不安にさせると、女性はどんどん不安定になって壊れていき、いつか爆発してしまいます。

逆に常に彼女を安心させてあげると、いつも機嫌よく、攻撃的なことを言ったりヒステリックになったりしなくなります。

 

さて今日は、彼の好きなところ3つについて書いてみようと思います。

え〜今回もノロケ記事です(笑)

 

 

1.ビジネスへの情熱と行動力があるところ

彼は起業していて、今は会社を軌道に乗せるべく奮闘しています。

 

私がすごいなと思うのは、口だけじゃなくガンガン行動に移しているところ。

昔から、将来は自分でビジネスをやりたいと考えていて、大学時代からいろいろ試してみたり、海外のビジネススクールMBAを取得したり。

 

「起業したい」と漠然と思っていても、実際に行動に移していない人ってたくさんいませんか?

私も口だけでなかなか行動に移せないタイプなのですが、彼と知り合ってから、少しずつ行動力がついてきたような気がします。

 

成功する人としない人の一番の違いは、やるかやらないか。

 

気になったことがあればすぐ調べてみる、気になった本があれば読んでみる、ブログやウェブサイトを始めてみる、など、小さなことから始めていけば、自分の中でアクションを起こすハードルは下がっていくと思います。

実際にやってみると、あぁ思ってたほどハードルは高くないんだなぁと思いました。

 

例えば、こういうツールを使えば誰でも簡単にサイトを作れちゃいます。

peraichi.com

 

といってもなかなか行動に移せないという人には、この本がおすすめです。

有名な「7つの習慣」をベースに、著者の失敗と実践してきたことがたくさん紹介されています。

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」

 

 

2.リベラルな思想

もし彼の起業の目的が「金儲けをすること」だったら、たぶん私は彼を好きになっていないと思います。

彼と私の思想の根本的な共通点は、「個人」と「自由」が大事だと考えていること。

まぁ欧米の思想の影響を受けていることは否定出来ないですが、その思想が根底にあるので、今の日本社会の中で生きづらさを感じている部分もあります。そんな社会に対して、

「こんな考え方もあるよね」

「こういう人や生き方も存在していいんじゃない?」

と訴えていきたいね、というのが私達の共通点です。彼の起業の目的、ビジネスを通じて実現したいこともこのあたりに関係しています。

 

個人の主体性と自由を尊重したいと考えているので、彼は、「○○はこうあるべき」という考えの押し付けや、人種やセクシャリティなどによる差別や偏見を是としません。こういうところが私の考えと一致しているので、この人でよかったなぁと思います。

 

3.素直な愛情表現

付き合い始めて一番驚いたのは、彼の愛情表現がとても素直なことでした。

ハグしたり、キスしたり、手をつないだり、「好き」と伝えたり。

外を歩く時に手をつなぐのがデフォになってます(自分でも驚き)。

 

私は今までそういうのに慣れてなかったので最初は戸惑いましたが、でもこれってすごく大事だなぁと思うようになりました。女性を不安にさせないために、男性の自尊心を満たすために、いい関係を長く続けていくために。

 

彼のこの言動は、海外生活の影響と、あとたぶん元カノから学んだんだろうなと思ってますが、そこはあえて突っ込んで聞いてません(笑)

 

このブログでも何度か紹介している瀬里沢マリさんが「溺愛妻あるある」をあげていましたが、けっこう当てはまるなぁと思いました。自作の歌を歌われたことはないですが(笑)

ameblo.jp

 

最後に

 

私も成長し続けないと。

 

 

Glad that I have you in my life.

 

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

【婚活の記録】10月の婚活を振り返って

婚活の記録 交際編

10月の婚活の振り返りです。

 

1~9月の振り返りはこちらからどうぞ。

【婚活の記録】1月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】2月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】3月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】4月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】5月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】6月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】7月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】8月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

【婚活の記録】9月の婚活を振り返って - るんぺるの婚活日記

 

目次

 

彼が結婚を考える7つのスイッチ

彼が結婚を考える7つのスイッチのうち、いくつ押せているのか!?については、下記の通り、先月から状況は変わっていません。

  1. 周りが皆結婚している →○
  2. 彼が自分の市場価値が落ちたと思っている →○
  3. 彼の夢が叶った、もしくはあきらめた →×
  4. ある程度の収入があり、仕事が安定している →×
  5. 彼にとって、あなたの市場価値が高い →○
  6. あなたと結婚したら幸福な家庭を築けそうだと感じている →△から○へ
  7. あなたに本気で恋をしている →○

 

会社が軌道に乗るには数か月~数年かかるので、この状態はしばらく続きます。

なので、この状態のままでも彼に結婚を決断させるためにどうすればいいか?ということを考えています。詳しくは、後述のNext Actionで。

 

結婚後になるべくストレスなく日常生活を送るために

10月は、週末に家で一緒に過ごすことが多く、彼の家での過ごし方や家事の仕方などを知ることができました。

これってすごく大事です。なぜなら、結婚は日常生活の繰り返しだから。

  • 仕事後、家でどんなふうに過ごすのか?
  • 理想の休日の過ごし方は?(インドア派かアウトドア派か)
  • 得意な家事と苦手な家事は?
  • 家事のやり方が自分と違ったときに、どんな対応をするか?(自分のやり方を押し付けたりしないか?)
  • 食事は自炊したい派?それとも外食でOK派?
  • どれくらい片付いている(もしくは散らかっている)部屋が落ち着くか?

など、なるべくストレスなく一緒に日常生活を送っていけそうか?をしっかり見極めるべきです。

 

特に共働きの場合、家事の分担は揉めやすいポイント。食事、掃除、洗濯などそれぞれの家事について、

  • どれくらい重視しているか?
  • ここまでやればOKというポイントはどれくらいか?

を、お互い確認しましょう。

そして、得意 or こだわりがあるものをどちらかがメインで担当し、もう1人はサポートに回る。メイン担当の方を信頼して任せて、基本的に口出ししないけど、忙しい時や困っている時にはお互い助け合う。そんな感じでやればうまくいくんじゃないかと思います(経験あり)。

  

Next Action

先月のNext Actionの1つ、「親に彼のことを話す」は実行しました。

もう1つのNext Action「年内にプロポーズ」を実現させるためにいろいろ戦略を練っていて見つけたのが、こちらの小田桐あさぎさんのブログです。

 

魅力を覚醒させ

世界一の自分へ

 

ameblo.jp

 

タイトルからしてタダ者じゃない感じがしますが(笑)、仕事も恋愛も子育ても、人生を自分の好きなように自分らしく楽しんでいくための戦略的な考え方と行動を熱く発信されています!

 

この中の『結婚を躊躇する男性の攻略法』は特に参考になりました。

ameblo.jp

 

次回の記事では、この攻略法を紹介しながら、他にも自分が実践してきたことについて書こうと思いますのでお楽しみに!

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

100記事達成と今後のブログの方向性について

日々思うこと

100記事達成しました〜!

 

1月にブログを始めて10ヶ月。やっと100記事書けました。

更新頻度は、平均すると3日に1回くらいですね。

毎日書いてる人ほんとにすごい。私には無理だ〜

 

1月からの婚活を振り返ってみると、こんな感じでした。

1〜3月:ネット、アプリでメッセージのやり取りをしまくる

4〜5月:結婚相談所とネット、アプリで出会った人と会いまくる

6〜7月:マリオさんと出会って交際開始

8〜10月:マリオさんと順調に交際

 

ここで未来予想図です。

12月:プロポーズ

2017年

2〜3月:引っ越して同棲開始

4〜6月:お互いの親への挨拶、両家顔合わせ

7月:交際開始記念日に入籍

 

完璧なスケジュール!笑

マリオさんと話したわけじゃなくて、完全に私の妄想ですが、夢見たことは実現する、と信じてます。

実際に、1月に考えたスケジュール通りに進みつつあります。

runpel1122.hatenablog.jp

 

今後のブログの方向性については、

入籍までは婚活ブログ、入籍以降は結婚生活ブログ、仕事と子育て両立ブログ、とライフステージの変化に合わせて続けていけたらいいなと思います。

 

途中でマリオさんと別れて、そのあとの婚活もうまく行かず、アラフォー独身女性の海外シェアハウス日記となるかもしれませんが、それはそれで私の人生。

 

ブログを通じて、こんな考え方・生き方もあるよと伝えることで、婚活で苦しんでいる人や、生きづらさを感じている人の助けに少しでもなれればと思っています。

 

読んでくださっているみなさんからの☆や♡、コメント、ブクマなどはすごく嬉しいです!

これからもよろしくお願いします!

 

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村