読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるの新婚日記

アラサー女性の婚活→新婚日記。論理的な恋愛分析と戦略的な婚活を実践して、結婚しました!

【ネット婚活】【男性向け】最初のメッセージの書き方②~「YESセット」と質問の裏の意図

ネット婚活での最初のメッセージについては、以前この記事にも書きましたが、まだまだ書き足りないので書きます!笑

runpel1122.hatenablog.jp

 

メッセージのやり取りがテンポよくいい感じに進む人がいる一方で、そもそも返信する気になれない、返信してみたけどなんか噛み合わない、という人もいます。

何がダメなのか?この本を読んで、言語化できました。

銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方 (だいわ文庫)

銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方 (だいわ文庫)

 

 

この本は、初対面の人とうまくコミュニケーションをとるための秘訣が、論理的かつ実践的に書かれているのでとてもオススメです!

たくさんあってマスターするにはかなりの修練が必要ですが(さすが銀座No1...)、婚活に限らず、営業やカウンセラーなど、初対面の人とのコミュニケーションが重要な仕事には特に活かせるんじゃないかと思います。

 

今回は、この本の中から、ネット婚活でのメッセージのやり取りに活かせるものを、実例を交えてご紹介します。

 

一番最初は「YESセット」を使う!

まず最初に大切なのは、

「YESセット」で肯定的な会話の流れを作る

ことです。

 

一番初めに、相手が「YES」と答える質問を3つ繰り返すことで、肯定的な流れを作り出し、無意識的に自分に対して肯定的になってもらい、安心してコミュニケーションができそうな相手だと思ってもらいます。これから先の私との会話は楽しいですよ、というアピールにもなります。

 

最初に送るメッセージの良い例は、以前の記事に書きましたが、こんな感じです。

 

○○さん

はじめまして!△△と申します。

○○さんのプロフィールを拝見して、~なところがとても素敵だと思い、メッセージを送らせていただきました。

~~自分が相手に惹かれた理由を簡潔に具体的に書く~~

・共通の趣味、好きな作品

・外見(写真の素敵な笑顔など)

・価値観や考え方 など

もしよろしければ、もっとお話ししてみたいので、ご連絡いただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

 

  • ○○さん、と最初に相手の名前を書く(これだけでも印象が違います!)
  • 自分が相手のどこに惹かれたのか?を具体的に書く
  • 自分のことはたくさん書かなくていい(プロフィールを見れば分かるので)
  • 礼儀正しく丁寧に(はじめは敬語、顔文字を多用しない)
  • 簡潔に(長すぎても読みづらい)

 

これを「YESセット」の観点から見てみると、メッセージを受け取った相手が返信する場合は、

「△△さん、はじめまして。○○です。メッセージありがとうございます。」

「(惹かれた理由に対して、たとえば)○○さんも~がお好きなんですね。」

「色々お話しできたらと思います。よろしくお願いします。」

という感じで、「YES」を3回繰り返すことになるわけです。

 

このメッセージのやり取りって、私は無意識でやってたんですが、この流れがうまくいく理由が分かってなるほどと思いました。

 

次に、話を広げる or 深める!質問の裏のメッセージに要注意

「YESセット」で肯定的な流れを作ったら、次に会話の糸口をつかむためのネタふりに入ります。ここで使える一番のネタは、相手のプロフィールに書いてある内容。自分と共通するものがあったら、まずはその話題を広げてみるのがいいと思います。

基本は広げて、相手が重要と思っているものやこだわっているポイントが見えたら、そこを深堀りしていくと、さらに距離を縮められると思います。

 

話を広げたり深堀していくためには、相手に質問をすることが多いですが、そのときに要注意なのが、質問の裏で5つのメッセージを相手に伝えているということです。

  1. 情報収集
  2. 個人の関心を満足させている(興味本位)
  3. 非難・攻撃・無関心・尋問
  4. 気づきを促す
  5. 純粋な関心

1~3の質問は、単なる情報収集だったり、質問している人の個人的な興味を満たすためのものだったり、相手を尋問しているような感じになったりして、質問された相手に嫌な印象を与えてしまいます。つまり、4または5の質問をすべき、ということです。

 

ここで、私が実際にネット婚活で受け取ったメッセージの例をご紹介します。

 

ケース①

はじめまして

プロフィール読んで、興味がわきました

 

「興味がわきました」の部分が嫌な感じです。上から目線でぶっきらぼうすぎ!

これは、2の興味本位という印象を受け取ったからですね。

もう少し言い方を変えて、「○○さんのプロフィールを拝見して、~や~なところなど共通点が多く、気が合いそうだなと思いました」なら好印象なんですが、もったいないです。

 

ケース②

はじめまして

料理が得意とのことですが、何が1番得意ですか?

 

これも、2の個人の関心を満足させている、に当てはまります。

私は自分のプロフィールの項目で、料理を「得意」にしていますが、ものすごく得意という訳ではないので、自分PRの部分では一切触れていません。なのに「ここを聞いてきたか・・・」と感じました。

自己PRで料理が得意なことを書いている人なら、受け取る印象は違うかもしれません。基本的に、自己PRに書いている内容=その人が話題を振ってほしい内容、なので、そこにまったく書いていないことについていきなり触れるのは的外れになる可能性が高いです。

 

2つとも、「YESセット」で肯定的な流れを作っていないことに加え、自分の興味本位のことしか書いてないので、相手が受け取る印象がとても悪いということが分かります。

 

ケース③

最初のメッセージで

「名前はなんですか?」

といきなり答えにくい質問をし、そのあとは、

「好きな男性のタイプと嫌いな男性のタイプを教えてください!」

「遠距離でも大丈夫ですか?」

と、まるで尋問のような質問攻めの人がいました。これは、1~3の全部に当てはまってますね!(^_^; 自分の興味があることしか聞いていない、会話が成り立たないパターンです。相手には「情報収集している」「興味本位」「尋問」という印象しか与えないので、相手を疲れさせてしまいます。

 

 

このやり方じゃダメだよ!こうするとうまくいくよ!というのを伝えたいですが、ネット婚活では直接相手に伝えることはできないのでブログに書いてます。

明日も婚活の予定が2つ入ってるので、ほんとは美容のために早く寝なきゃいけないんですが、どうしても書きたくなって書きました。笑

コミュニケーションに限らず、何でも上達するためには、理論を知って実践することが大事です。明日も実践してきます!笑

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村