読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるの婚活日記

アラサーOL、婚活中。論理的な恋愛分析と、戦略的な婚活を実践中です。

婚活における「ありのままの自分」問題について考えてみた

婚活のマインド

婚活のマインドセットの話です。

婚活だけじゃなくて、人間関係全般にあてはまります。

 

婚活では、「ありのままの自分」について様々なアドバイスが飛び交っています。

「婚活 ありのまま」で検索すると、

「ありのままの自分」のままで婚活を続けますか?

ありのままの自分を受け入れてくれる人がタイプです

 

と、一見矛盾する二つの考えが出てきます。

 

どっちも一理ある。

無理して自分を偽らなきゃいけないような相手と長く一緒にいることはできないし、かといって、そのままの自分をすべて受け入れてくれる人がいるとは思えない。

 

どっちが正解なんだろう?とずっと考えていましたが、最近整理できたので書いてみます。

 

結論から言うと、

自分で自分を受け入れることと、相手に自分を受け入れてもらうことは違う

ということです。

 

自分で自分を受け入れる

まず、自分で自分を受け入れる=「ありのままの自分を受け入れる」ということです。

自分の弱いところも、嫌なところも、コンプレックスも、ぜんぶひっくるめて自分を肯定する。

自分はこれでいいんだ、これが自分なんだ、と自分を受け入れて赦すこと。

たとえ他の人が何と言おうと、自分に価値があることを自分で認めること。

まずは、ここからだと思います。

 

けど、これができないまま苦しんでいる人が意外と多い。

この作品の作者の方も、そんな風に苦しんでいた人の一人だと思います。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 

私は、幸い、高校生の時にとある漫画に出会ってこのことに気付くことができて、その後生きるのがすごく楽になりました。自分を好きになれました。

 

10代か20代で気付けたらいいけど、気付けないまま年をとると、自分も他人も受け入れられなかったり、自分の価値を他人に依存するようになったりして、すごく生きづらいと思います。

 

あなたはあなたのままがいい

 

自分で自分にそう言ってあげましょう。Es ist gut!

 

前にも書きましたが、自分で自分を受け入れて、まずは自分を大事にして、自分を満たすことが大切です。

runpel1122.hatenablog.jp

 

runpel1122.hatenablog.jp

 

 

相手に自分を受け入れてもらう

次に、相手に自分を受け入れてもらうこと。

これは、「ありのままの自分」を受け入れてもらうことは無理です。

なぜなら、相手と自分は違う人間だから。

 

この「違う人間」っていうの、当たり前なんですが忘れがちです。

 

例えば、「どうして○○してくれないの?」と相手を責める時、「あなたは自分と同じように考えるべきだ」という無意識の前提に立っています。

 

でも、ぜんぜん別の人間なんだから、考え方や感じ方、表現の仕方が違って当たり前。

 

「あなたと私は違う人間」という前提に立って、じゃあこの違いをどうやってすり合わせていこうか?どうやってお互いが納得するところを見つけていこうか?とお互いの歩み寄りをずっと続けていくことが大切だと思います。

 

これは、お互いが人間として成長し続けないと、ずっと長く良い関係を築いていくことはできないと思います。

相手の違いを受け入れる寛容さと、建設的な話し合いができる冷静さが必要だから。

 

もっと言うと、世界平和も同じだと思いますが、まずは1対1の関係から。

 

特に男女の場合は、考え方がかなり違う場合が多いですが、 コツさえ知っておけば、無駄な争いを避けることができます。

ブログでも何度か取り上げましたが、男女の考え方の違いを学ぶためには、この2冊がおすすめです!

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

 

 

 

こういう抽象的なことをもんもんと考えるのって楽しいですね。

そして、誰かと意見を交わせたらもっと楽しい。

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村