るんぺるの新婚日記

アラサー女性の婚活→新婚日記。論理的な恋愛分析と戦略的な婚活を実践して、結婚しました!

【婚活オススメ本】「結婚さえできればいいと思っていたけど」感想前編

今回は、最近読んで面白かった本を紹介します!

 

フリーイラストレーターの水谷さるころさんが、26歳〜36歳までの10年間に経験してきた、結婚→離婚→事実婚(その後出産)を描いたコミックエッセイです。

 

これは、婚活中の人にはものすごくおすすめしくじり先生もそうだけど、失敗から学ぶことは多い。婚活中の人は、ぜひ結婚する前に読んで、「結婚が目的になってないか?」「本当にこの人と結婚していいんだろうか?」と一度立ち止まってじっくり考えましょう。

結婚したけどうまくいかない。。という人にも何かヒントがあるかもしれません。

 

というわけで、本書の構成にそって感想を書いていきたいと思います。

 

目次

 

アラサー婚活編

アラサー女性がかかる病

女性がアラサーになると、こんな病に高確率でかかっちゃうんですよね。私もかかってました。笑

症状

「30歳までに結婚しなきゃ」「35歳までに結婚しなきゃ」という焦りと不安

主な原因

出産のリミット、経済的な不安、周囲に既婚者が増える、親からのプレッシャー、孤独

予防策

「結婚」とは何か?本当に自分にとって必要なものか?結婚を通じて何を実現したいのか?そのためにどういう相手を選ぶべきか?をよく考える。

 

このブログでも何度も言ってますが、「結婚さえできれば幸せになれる」というのは大きな間違い。

結婚は目的じゃなくて、幸せになるための手段の一つに過ぎない。

それをよーく肝に銘じておかないと、後で後悔するかもしれません。

 

結婚は対等な2人がすべきもの

「結婚は男が責任を取るもの」って、男女ともにけっこう思い込んでませんか?

最近は男性の方がそう思い込んでることが多い気がするので、そう思ってない女性はその思い込みを積極的に崩しに行った方がいいと思います。

「私も稼ぐから大丈夫!」

 

逆に、専業主婦希望の女性は、このプレッシャーがどれほど重いか、一度男性の立場になって考えてみた方がいいと思います。

「今の自分の稼ぎで、専業主婦の子供と妻を一生養っていけるか・・・?」

 

私はさるころさんと同じで、「結婚は対等な2人がすべきもの」と思ってるので、その考えに共感してくれて、精神的にも経済的にも自立した人と結婚したいです。

 

あくまでも彼の意思を尊重する

さるころさんの失敗ポイントの一つが、「彼に結婚のプレッシャーをかけて、自分主導で結婚まで至ったこと」かなと思います。

 

あさぎさんがブログで書かれていますが、

ameblo.jp

 

一切の圧力感や強制感を封印し、
あくまでも彼自身が自分で考え、
結論付けた答えが

「どうしてもあなたと結婚したい」

になり、あなたこそが

「その要求を満たす存在」

になる必要がある。
 
ここをちゃんと押さえたかどうかが
「プロポーズしたあと」
ひいては
「今後の結婚生活全般」
にまで多大な影響を及ぼすのだ。

 

私もこの考えに賛成です。

彼が、結婚「させられた」と受け身に思っていたら、その後の結婚生活を二人で組み立てていこうという意思が弱くなってしまいます。

結婚のプレッシャーをかけること自体は悪くないですが(というか、そうしないとおそらく多くの男性は動かない)、あくまでも彼の意思を尊重する、彼自身が決断する、ようにすべきだと思います。

 

初婚編

妻は、旦那さんと子どもを支える脇役?

これからは旦那さんそしてこれからできるお子さんの脇役として家族を支えていって下さい

結婚式のスピーチでこんなセリフが出てきたそうなんですが、こんなこと言う人ってまだいるんですかね?驚き。

他にも、さるころさんが結婚後に感じた違和感として、こんな世間の結婚に対するイメージが挙げられています。

  • 共働きでも家事は妻
  • 「結婚=男の経済力があるはず」なので、妻は仕事をしなくてもいい
  • 妻が働くのは女のワガママ
  • 妻の行動は夫の許可制

ひえー、まだまだこんな風に考えてる人って多いんですかね?おそろしい。

 

旧姓の使用と配偶者扶養控除は共働きスタイルに合わない?

法律上の結婚=夫と妻で新しく戸籍を作ると、筆頭者と同じ姓にしなければならないと定められています。筆頭者に夫と妻どちらも選べますが、選んだ方の姓に変えなければいけません。そうすると、銀行の口座やクレジットカードなどたくさんの名義変更が必要になってきます。。

 

配偶者扶養控除は、簡単に言うと、

  • 配偶者の給与所得が年間103万円以内だと、扶養している人が所得控除を受けられる(=所得税が減るかも)
  • 配偶者の給与所得が年間130万円以内だと、配偶者は社会保険料(=健康保険、厚生年金など)を払わなくていい

という仕組みです。

なので、パートで働いている人が、年間の所得が103万円もしくは130万円以内に収まるように労働時間を減らして調整する、ということがよくあります。

この「もっと働けるのにわざと働かない」状態を減らすために、配偶者扶養控除の廃止が検討されているんですね。

 

どちらの制度も、夫もしくは妻が配偶者を扶養する形を前提に作られているので、現在の共働きスタイルには合わなくなっていると思います。

旧姓の使用はほんとに認めてほしい!

 

 

長くなったので、「バツイチ独身編」「事実婚編」の感想は後編に続きます。 

 

それでは~

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村